髪で悩んでいた人たちにとっては光がさしてきた

髪は、その人の外見でとても目立つもので、髪によりその人の内面までもイメージしてしまう傾向があります。

たとえば、薄毛や禿げていれば、実際の年齢よりも老けてみられるし、茶髪など奇抜なヘアスタイルをしていれば、派手な生活をしているのではないか、髪に無頓着な感じならば、だらしのない人なのではないか、などなど・・・。

ヘアスタイルやまめな洗髪は自分で決められますが、薄毛は自分の意思や気持ち、行動だけではコントロールできないことなので、悩みますね。

薄毛は遺伝や男性ホルモンなどが影響していると言われています。

高齢になれば男性に限らず、髪の毛は薄くなり地肌がすけてみえたりします。

これは仕方がないことですが、中にはAGAという症状があります。

AGAは男性型脱毛症のことで、思春期以降の男性に生え際や頭頂部のどちらか一方、またはその両方からうすくなっていものです。

遺伝や男性ホルモンが影響していると言われているものですが、その症状としては抜け毛が多くなり、薄毛が目立つようになります。

最近では医療の研究や技術も進化して、いままで原因がわからなった病気、難病なども解明され、その原因や治療方法が確立されるようになってきました。

AGAも最近その内容が明らかになってきたものです。

薄毛治療やAGAの専門外来をもつクリニックもできていて、髪で悩んでいた人たちにとっては光がさしてきたようです。

薄毛治療もこれから進歩していくのではないかと思います。